新型うつ病

サンプル画像

新型うつ病には、気分変調症と非定型うつ病がこれにあたり、このうつ病は今、20〜30代の若い世代に増えています。

一般的に知られている従来型のうつ病(メランコリー型・双極性障害)の症状とは違うことが特徴になるので、2つのうつ病と比較してみますね。

従来型のうつ病は「自分はダメな人間だ、何をやってもダメ、人に迷惑をかけている」と自信を失くしますが、新型の場合は、人間関係、仕事、日常生活の中で物事がうまく進まなかったり、失敗するのは「あいつが悪い、上司が悪い、会社が悪い」と考え、口癖にまでなる人がいます。

気分や体調の変化では、従来型は時間や場所は関係なく継続して気分が落ち込みますが、新型は浮き沈みが激しくなり、会社や仕事中、イヤなことでは気分が悪くなり、自分が好きなことや興味があることには元気で活発に行動が出来るので休日は元気になります。

食欲と睡眠は、従来型は味覚を感じなくなったり、食べる意欲がなくなるために食欲不審で体重が減り、不安や恐怖心が次から次へと湧いてくるために不眠になりますが、新型は食べることでストレスをごまかしたいのか、スナック菓子や甘いものを手元に置いて常に口を動かしている傾向にあります。そのため体重が増える人が多いようです。睡眠は過眠気味になります。

うつ病の診断を受けて休養をする場合は、従来型では、人に迷惑をかけてしまう気持ちがあるために、会社を休みたがりませんが、新型の場合は遠慮なく利用するようです。なかにはうつ病で休職中にもかかわらず、海外旅行や自分の趣味には積極的に行動している人もいます。
また、「自分はうつ病なので」と公言出来てしまうところも特徴ですね。
このように、一般的に知られているうつ病とは違うタイプのうつ病を新型うつ病といいます。

症状がこれだけ違えば治療法も従来型とは違ってきます。

従来型は抗うつ剤の服用が必要ですが、新型の場合では薬は補助的に服用する程度になり、生活リズムを整えたり、転職や引っ越し、人間関係などの環境を変えるだけでうつ状態が軽減されることがありますが、外的要因だけが問題ではなく、本人の心構えにも問題があるようです。

最近では、若い人達の間で増えているので、企業では新型うつ病への対策やメンタルヘルスの指導を行っているところが多くなっています。うつ病の人がうつ状態になったときは、自分がダメな人間だから、いたらなかったからばっかりにあんなミスをしてしまった。と自分を責めます。
人に迷惑をかけてしまったことを申し訳なく思い続けます。
誰かが何気なく言った言葉が、いつまでも頭から離れなくてそのことで悩んで苦しみます。


このページのトップへ